安心・安全なデータの提供を通して、お客様の発展に貢献します。

株式会社 教育ソフトウェア

*
*
*
*

ソフトウェア サービス・製品

要介護認定ソフト「要介護認定用読み取りソフト」

投稿日:2013年4月1日 更新日:

要介護認定用『要介護認定用読み取りソフト for Windows』

『要介護認定用読み取りソフト』は、マークシート形式の要介護認定調査に最適です。
OMR機器とこのソフトならば、大量のデータも短時間で入力できます。
専従の入力オペレータは必要ありません。
複雑な設定も不要で、操作も簡単です。導入後、即座に使用できます。

その他ソフト-要介護認定用読み取りソフト-パッケージ

ご検討ポイント

  • 要介護認定業務専用ソフト
  • マークシート方式の調査票を使用
  • OMRを使って読み取りから認定までの作業を実現

OMR機器とこのソフトならば、大量のデータも短時間で入力できます。
専従の入力オペレータは必要ありません。
読み取りデータの論理チェックによって、さらに読み取りデータの正確性を高めます。

OMRと手作業の入力比較

手入力の場合、1時間あたりおよそ5、6人分の処理しかできなかった作業が、OMRの自動入力の場合、1時間あたり約1,500人分の処理が可能になります。

OMRで自動入力の場合手入力の場合
帳票類マークシートの介護サービス調査票に調査項目をマークし、特記事項1枚も用意します。介護サービス調査票を元にした対象者への聞取り調査の結果を、概況調査票2枚、基本調査票5枚、特記事項1枚に記入していきます。
処理能力マークシートをOMR機器で読み取ることで自動入力されます。7枚の調査票を要介護認定プログラムに手入力していきます。
結果1時間あたり約1,500人分の処理が可能1時間あたりおよそ5、6人分の処理

対応マークシート

専用-要介護認定用マークシート(認定調査票 Ver6.0/7.0)がご利用いただけます。

価格

商品名対応OMR機種定価(税抜)
要介護認定用読み取りソフトお問い合わせください。オープン

操作画面

スタート画面

画面上のスタートボタンで、OMR機器が自動的に稼働し、読み取りが開始されます。
画面上に読み取り結果が表示され、内容が確認できます。

その他ソフト-要介護認定用読み取りソフト-スタート画面

ソフトのカスタマイズ

お客様のご要望に沿った内容でカスタマイズも行ないます。

ご提案は、まずお客様のお話を十分お伺いする事から始まります。
お話を伺いながら、お客様の業務がどうすれば滞りなく遂行されるか、必要にして十分な仕様を検討します。

カスタマイズQ&Aはこちら

お問い合わせ

メールやFAXでのお問い合わせのお返事については、2~3日お時間を要する場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお問い合せください。

総合窓口に電話で問い合わせる

マークシートやOMR、商品・サービスに関するご質問、見積り依頼など、お気軽にご相談ください。

042-649-9600

その他の方法で問い合わせる

問い合わせフォームやメール、FAXなどでの問い合わせをご希望の方は、以下からお問い合わせください。

お問い合わせ

-ソフトウェア, サービス・製品

Copyright© 株式会社 教育ソフトウェア , 2017 AllRights Reserved.