安心・安全なデータの提供を通して、お客様の発展に貢献します。

株式会社 教育ソフトウェア

実績・事例・お客様の声

お客様の声【アウトソーシング・研究サポート】神戸朝日病院 医療情報部 さま

投稿日:2015年6月30日 更新日:

導入事例

インタビュー日:2015年6月8日
海外との研究においても、そのままデータの活用ができ、大量のデータを処理する必要がある疫学調査には大変有用なツールだと感じました。
お客様の声-アウトソーシング・研究サポート-神戸朝日病院 医療情報部さま

サービス概要

お客様ご購入サービス
神戸朝日病院 医療情報部 さま「食物摂取頻度調査票(FFQ)」読み取りと計算結果の出力作業の請負

導入の効果

生活習慣病に関する疫学調査に利用

2006年から2014年まで韓国の成均館(そんぎゅんかん)大学と協同でおこなった生活習慣病に関する疫学調査において、この調査票を利用しました。

韓国に居住する韓国人、日本に居住する韓国人、日本人、中国に居住する韓国人、中国人について生活習慣病の発生を比較検討する研究で、日本では在日韓国人、日本人合わせて約1000人について8年間追跡調査(生活習慣質問票と健康診断)を実施しました。

生活習慣を比較する上で、どんな食事をどれくらいの量、どれくらいの頻度で食べているかということは、大切な比較項目となります。

実際に、この研究に参加された被検者の方の多くから、マークシート質問票の記入に時間がかかり大変だったとの感想を伺いましたが、各個人に食物摂取頻度調査の解析結果をお渡しできるので、「食事の偏りに気がついた」「自分の食生活を見直すきっかけになった」と結果的には、調査票の評価につながりました。

海外との研究にそのままデータ活用

また、解析結果は、研究用データベースとして、CSVファイルで受け取ることができたため、海外との研究においても、そのままデータの活用ができ、大量のデータを処理する必要がある疫学調査には大変有用なツールだと感じました。

【外部リンク】日韓協同研究|神戸朝日病院

担当からお客様へ

神戸朝日病院様には長きに渡り、弊社の『食物摂取頻度調査票』をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

海外の大学との共同研究との事にございましたが、解析データの共有等もスムーズに進み、ご研究の成果として2本の論文が海外の雑誌に掲載されたと伺い、お役立ちいただけましたこと、スタッフ一同大変喜んでおります。

ご研究用のデータベース構築に加え、ご協力をいただきました被験者の皆様より「食事の偏りに気づいた」、「自らの食生活を見直すきっかけとなった」というご意見もいただき、こちらもお役に立てました事、幸いにございます。

今後も皆さまのお役に立てるよう、全力を尽くす所存です。
この度は誠にありがとうございました。

お問い合わせ

メールやFAXでのお問い合わせのお返事については、2~3日お時間を要する場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお問い合せください。

総合窓口に電話で問い合わせる

マークシートやOMR、商品・サービスに関するご質問、見積り依頼など、お気軽にご相談ください。

042-649-9600

その他の方法で問い合わせる

問い合わせフォームやメール、FAXなどでの問い合わせをご希望の方は、以下からお問い合わせください。

お問い合わせ

-実績・事例・お客様の声

Copyright© 株式会社 教育ソフトウェア , 2019 AllRights Reserved.