安心・安全なデータの提供を通して、お客様の発展に貢献します。

株式会社 教育ソフトウェア

*
*
*
*

サービス・製品 OMR(光学式マーク読取装置)

OMRとは?スキャナとの比較

投稿日:2013年4月1日 更新日:

マークシートは、OMRという専用装置で読み取って初めて高精度を発揮します。

ミスの無い、確実な集計を実現させるためには、専用機であるOMRが必須です。

スキャナとOMRについて弊社で行なった読み取り精度の検証結果、具体的な読み取りエラー例をご紹介いたします。

OMRとは?

OMRは、Optical Mark Reader(光学式マーク読み取り装置)の頭文字です。

OMR-SR-3500-HYBRID-plus
「OMR機器+OMR用ソフト」で実現できる事
×:数字の認識
×:文字の認識
×:画像の取り込み(HybridOMR機は〇 )
〇:マークの認識

OMRは、マーク読み取りに特化した専用センサにより、安定した読み取りを提供します。

OMRは、マークシートに鉛筆で記入されたマークを光学的に読み取り、パソコンへ瞬時にデータ転送する装置です。
読み取りデータは、短時間で正確に目的用途に応じた分類加工ができますので、試験の採点集計はもちろん、アンケート調査や勤怠管理、各種商品の受注業務などに幅広く活用されています。(オプションでボールペン対応可)

OMRのしくみ

光センサがマークシートのタイミングマークを目印にして塗りつぶされたマークの位置を直接認識します。
マークに光を当て、その反射を読むことでマークの有無を直接認識しています。
この直接認識する点が、スキャナには真似のできないOMRの特長
です。

OMRとは?スキャナとの比較-OMRの仕組みについて
マークに光を当て、その反射を読むことでマークの有無を直接認識しています。
この直接認識する点が、スキャナには真似のできないOMRの特長であり、99.99%の読み取り精度を実現する裏づけになっています。

このOMRのしくみは、適切にマークが塗られていれば、マーク読み取り精度は99.99%を超え、読み取りミスは無いと考えて問題ありません。
なので、国家試験などの絶対にミスがあってはならない場面ではOMRが使用されています。

このマークの位置を正しく認識するためには、マークシートの設計精度も重要です。
タイミングマークとマークの間隔が正確なマークシートであることが大前提です。
そのため、OMRには専用のマークシートが必要なのです。

マーク濃度検出の「感度設定」は16段階

マーク-マーク濃さ-値-16段階
マークの濃さは、マークシートをOMRで読み取った時点で自動的に「1~16」のレベルに分けられます。薄い程レベルが「1」に近づき、濃い程「16」に近づきます。

読み取りソフトで、感度設定を「3」にするとレベル3以上のマークを読み取り、レベル「2」、「1」のマークは読み取りません。

つまり、うすいマークを無視します。感度設定の数字を小さくするほど感度が高くなり、うすいマークを読み取ります。
消し残しや汚れによる濃度レベルは「1」や「2」で読み取られることが多いです。

そのため「感度設定」の初期設定値は「3」となっています。


OMR機器やマークシートについてもっと知りたい方は、以下も合わせてお読みください。

お客様に知ってほしい基本をQ&A形式でまとめた「OMRの基本」
あまり知られていないOMR&ソフトの活用事例

スキャナとOMRの比較

マークシートの読み取りは、スキャナ(or複合機)で良いと思っていませんか?

マークシートは、OMRという専用装置で読み取って初めて高精度を発揮します。
ミスの無い、確実な集計を実現させるためには、専用機であるOMRが必須です。

スキャナはイメージ(手書き文字や写真)のデータ化が最大の特長であり、マークの読み取りには向いていません。
採点ミスゼロを追求する弊社の見解としては、マークの読み取りにはOMRしか考えられません。

お客様には、それぞれの目的にあった機器の選択をお勧めしています。

スキャナのしくみ

スキャナイメージイラスト
「スキャナ+文字認識ソフト」で実現できる事
△:数字の認識(認識ミスがある為△)
△:文字の認識(認識ミスがある為△)
〇:画像の取り込み
△:マークの認識(認識ミスがある為△)

スキャナは、印刷物に平面的に光を当て、平面的に読み取ったデータ情報を、dpiで指示された画像情報に再加工(又は間引き)して、画像をデータ化します。
スキャナは、画像ファイルを作成したあとにソフトウェアでマークを探しています。
そのためスキャナの読み取り精度は、画像搬送の成否が大きく影響します。

スキャナの搬送ムラのイメージ

スキャナ-搬送ムラ-読み取りイメージイラスト
受信したファックス書類が読みにくかった経験はありませんか?

同様のことが、スキャナの読み取りでも発生していると言えます。

最近では、専用用紙や専用読み取り装置が不要なスキャナが、OMRと同じ精度を発揮できる等の宣伝文句が乱用されておりますが、スキャナには読み取りミスを犯す危険が潜んでいます。

スキャナ(or複合機)でマークシートを活用するときにつきまとう「誤読」の危険性

「安い、便利、予算取りの必要もない!」という理由から、スキャナや普通紙を使ってマークシート活用をされているお客様もいらっしゃるかと思います。

弊社としては、そのようなお客様にご注意いただきたいことがあります。

下記は、スキャナや普通紙を使ってマークシート活用をされていたお客様が、OMRを選択しなおす理由にあげた誤読事例です。
マーク読み取り専用機ではないスキャナ(or複合機)では、精度に限界があります。

以下のような事例でお困りの場合は、OMRの使用をご検討ください。

スキャナ誤読事例 ① : 印刷時のゴミをマークとして誤認識してしまう

普通紙を使って学内印刷すると、印刷時にゴミが普通紙(マークシート)に付着してしまう場合があります。
その場合、スキャナ(or複合機)はゴミも画像化しマークとして誤認識してしまうことがあります。

⇒OMRなら・・・
OMRは、高速処理の際にも静電気が発生し難いOCR紙を推奨しているため、ゴミの付着などを防げます。
スキャナ誤読事例 ② : 消し残しをマークとして誤認識してしまう

ソフトに、消し残しを判別する機能があったとしても、スキャナ(or複合機)による画像を利用しているかぎり、目視では「消したマーク」と分かるくらいの濃さであっても、「塗られたマーク」として誤認識してしまうことがあります。

⇒OMRなら・・・
OMRは、光センサでマーク位置を直接認識できるうえ、「濃度差設定」でマークの消し残しも識別できます。読み取りしたらノーチェックで運用できる事。それがOMRの強みです。
スキャナ誤読事例 ③ : マークシートの一部分がまるまるデータ化されないことがある

ソフトに、消し残しを判別する機能があったとしても、スキャナ(or複合機)による画像を利用しているかぎり、目視では「消したマーク」と分かるくらいの濃さであっても、「塗られたマーク」として誤認識してしまうことがあります。

⇒OMRなら・・・
OMRは、用紙搬送のムラはありません。
また、直接マークに光を当てその反射を読んでいるのでマークを読み落とすことはありえません。

お問い合わせ

メールやFAXでのお問い合わせのお返事については、2~3日お時間を要する場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお問い合せください。

総合窓口に電話で問い合わせる

マークシートやOMR、商品・サービスに関するご質問、見積り依頼など、お気軽にご相談ください。

042-649-9600

アウトソーシング窓口に電話で問い合わせる

願書受付・採点・アンケート・研究サポートなどの業務を請け負います。

042-649-9602

その他の方法で問い合わせる

問い合わせフォームやメール、FAXなどでの問い合わせをご希望の方は、以下からお問い合わせください。

お問い合わせ

-サービス・製品, OMR(光学式マーク読取装置)

Copyright© 株式会社 教育ソフトウェア , 2017 AllRights Reserved.