安心・安全なデータの提供を通して、お客様の発展に貢献します。

株式会社 教育ソフトウェア

*
*
*
*

ソフトウェア サービス・製品 OMR(光学式マーク読取装置) マークシート アウトソーシングサービス(請負・代行業務)

ストレスチェック義務化対策のご案内

投稿日:2017年9月1日 更新日:

『ストレスチェック』が義務化されました

メンタルヘルスケアの一次予防として、2015年12月から『ストレスチェック』の実施が義務になりました。
『ストレスチェック義務化』対策には、精度とスピードのマークシート方式をオススメいたします。

アウトソーシングでも内部での処理をご検討の方でも、お客様のご要望に合わせた方法をご提案します。

弊社では、厚生労働省の「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル(2015年5月発行)」に対応したチェック項目の『ストレスチェック』を2015年6月から既にご提供しており、多数の導入実績がございます。

ぜひ、安心してご利用ください。

質問用紙のマークシート化による作業効率の向上に貢献します

ストレスチェックの質問用紙をマークシート化することで、マークシート読み取り機(OMR)による高速処理と正確なデータ入力を実現します。

ストレスチェックの調査票(職業性ストレスチェック簡易調査票)には、57項目版と23項目版の2種類あります。

具体的なストレスチェックの項目
○ストレスチェックの調査票は、実施者の提案や助言、衛生委員会の調査審議を経て、事業者が決定します。

○法に基づくストレスチェックは次の3領域を含むことが必要です。
①仕事のストレス要因:職場における当該労働者の心理的な負担の原因に関する項目をいいます。
②心身のストレス反応:心理的な負担による心身の自覚症状に関する項目をいいます。
③周囲のサポート:職場における他の労働者による当該労働者への支援に関する項目をいいます。

○ストレスチェックの項目(調査票)としては、以下に示す「職業性ストレス簡易調査票」(57項目)を利用することが推奨されます。
また、これを簡略化したストレスチェック項目(調査票)の例(簡略版(23項目))も以下に示します。
ただし、これらは、法令で規定されたものではありませんので、各事業場において、これらの項目を参考としつつ、衛生委員会で審議の上で、各々の判断で項目を選定することができます。
※ただし、各事業場において、独自の項目を選定する場合にも、規則に規定する3領域に関する項目をすべて含まなければなりません。また、選定する項目に一定の科学的な根拠が求められます。

引用元:厚生労働省「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」

そのため当社でも57項目版の導入をおすすしておりますが、もちろん23項目版の導入も可能です。

厚生労働省が公開している質問事項はあくまでも例であり、各企業・団体様で判断して項目を選定することが可能です。
ただし、必ず「仕事のストレス要因」、「心身のストレス反応」、「周囲のサポート」の3領域に関する項目をすべて含み、項目には科学的根拠が求められます。

「調査票(マークシート)」のご提供から『ストレスチェック』出力までの流れ

厚生労働省のストレスチェックプログラムにインポートするためのデータ化までを支援
Step.1
マークシート提供

弊社
調査票を送付
弊社よりお客様へ『ストレスチェック』調査票を送付します。
マークシートを作成の場合はオーダーメイド「特注品マークシート」で対応可能です。

マークシート-梱包-A4サイズ

Step.2
『ストレスチェック』実施

お客様
マークシートに回答

ストレスチェックの質問用紙をマークシート化することで、マークシート読み取り機(OMR)による高速処理と正確なデータ入力を実現します。

マークシート-職業性ストレス簡易調査票-ストレスチェック

「ストレスチェック」サンプルマークシート(23項目)
Step.3
マークシートデータ化処理

アウトソーシングの場合
弊社
最短2営業日でフィードバック
マークシート受領日の翌日には入力データをお引渡します。
※ただし、自由記述欄のコメント入力は1週間程度かかります。

OMR-SR-3500-HYBRID-plus

機械とソフトウェアのご購入による内部処理を行う場合
お客様
その場でマークシートのデータ化が可能
集めた調査票をマークシート読み取り機(OMR)と読み取りソフトウェア(まるごと君21まるごと君クロス21)で読み取りし、CSV形式でデータ化します。
※自由記述欄がある場合、SR-3500HYBRIDplusSR-6500HYBRIDplusの機種であれば、画像データ化することができます。

売れ筋マークシート読み取り機(OMR)

機種名画像読取速度説明
SR-1800EXplusOMR-SR-1800-EX-plus29枚/分片面/鉛筆対応
画像読取り対応
SR-3500HYBRIDplus
OMR-SR-3500-HYBRID-plus58枚/分片面/鉛筆対応/イメージセンサ搭載
SR-6000plusOMR-SR-6000100枚/分片面/鉛筆対応
Step.4
『ストレスチェック』結果出力

お客様
CSVファイルをインポート
データ化したCSV形式のファイルを、厚生労働省が配布するプログラムにインポートするだけで、結果を出力できます。

※ご購入による内部処理を行う方へ
「特注品マークシート」を合わせてご購入いただいた場合、プログラムに合わせたCSV形式ファイルへの出力ができるよう、弊社からマークシートの読み取り定義ファイルを無料でお渡ししています。
お渡しした定義ファイルを使用し、読み取りを行うことにより、インポートするだけで結果が出力できます。

厚生労働省が無料配布するストレスチェックプログラムに対応しています

データ化したCSV形式ファイルを、厚生労働省のストレスチェックプログラムにインポートするだけです。
職業性ストレス簡易調査票の57項目および23項目の2パターンに対応いたします。


<ストレスチェックの義務化について>
常時使用する労働者に対し、年に1回、ストレスチェックを実施することが事業者義務になります。
詳細は以下のリンクより、厚生労働省の発表をご覧ください。

厚生労働省 - ストレスチェック制度について

お問い合わせ

メールやFAXでのお問い合わせのお返事については、2~3日お時間を要する場合がございますので、お急ぎの場合はお電話にてお問い合せください。

総合窓口に電話で問い合わせる

マークシートやOMR、商品・サービスに関するご質問、見積り依頼など、お気軽にご相談ください。

042-649-9600

アウトソーシング窓口に電話で問い合わせる

願書受付・採点・アンケート・研究サポートなどの業務を請け負います。

042-649-9602

その他の方法で問い合わせる

問い合わせフォームやメール、FAXなどでの問い合わせをご希望の方は、以下からお問い合わせください。

お問い合わせ

-ソフトウェア, サービス・製品, OMR(光学式マーク読取装置), マークシート, アウトソーシングサービス(請負・代行業務)

Copyright© 株式会社 教育ソフトウェア , 2017 AllRights Reserved.